« チオビタ | トップページ | ひと山越える »

2011年10月10日 (月)

父の父が亡くなった。



わかりにくいか…親父が死んだ。






この精神状態でブログを書いていること自体がどうかと思うが、



なんかパソコン触ったりしていないと落ち着かないから許して下さい。






いつかは来る別れ…頭の中では分かっていたんだけど、いざとなると。。。



納棺師の方が綺麗にしてくれて、笑っているようだったなぁ。



今にも起きてきて話しそうな感じでした。






大将はじいじが死んだことが受け入れられないのか、



何度もじいじの部屋をのぞいていました。



納棺師の方も孫が何度も気にして観に来るのは珍しいと話すほど。



大将は感受性が高すぎるくらいなので、じいじが死んだと聞いた時も



声をあげて泣きじゃくっていました。



私は抱いて一緒にいてやることしかできませんでした。








もう、私も泣きすぎて顔中が痛いです。



人間ってこんなに泪が出るんだ…って思うくらい。



今も書きながら止めることができません  つД`)・゚・。・゚゚・*:.。



……………。

|

« チオビタ | トップページ | ひと山越える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99711/52960866

この記事へのトラックバック一覧です: :

« チオビタ | トップページ | ひと山越える »