« 父 | トップページ | ふた山越える »

2011年10月11日 (火)

ひと山越える

通夜が終わった。



父の交友関係は広く、とても多くの方が足を運んで下さいました。



なんだかあっと言う間に時が過ぎ、やらなければならないこともたくさんあるのに



全然はかどりません。






通夜が終わって、ひと山越えたな。



親父と顔を合わせるのも明日が最後。






今まで言えなかったことを最後に言おう。



大将と若大将はじいじに手紙を書きました。



とてもよく書けていて、泪なしでは読めませんでした。



明日の告別式で読む予定になっています。



きっとじいじも喜んでくれると思うよ。

|

« 父 | トップページ | ふた山越える »

コメント

今日、10月11日は、父の命日です。土曜日に17回忌の法要を終えました。
母がね、昨日から寝込んでいます。立てなくなっちゃった。
法事をむかえるにあたって無理したからでしょうか?それとも安心して気が抜けたのかな。
お母さんに気を付けてあげてくださいね。

投稿: かりんとう | 2011年10月12日 (水) 20時16分

かりんとうさんへ

お久しぶりです。
何だか骨になっちゃう前は、心のどこかで“生き返るんじゃないか…”なんて子どもみたいな事を思っていました。

今日、小さくなって家に帰ってきた親父を見て、切なくなっちゃいました。


かりんとうさんの言うようにお袋の気遣いを忘れないようにしないといけないですね。
ありがとうございました。

投稿: 父 | 2011年10月12日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99711/52969029

この記事へのトラックバック一覧です: ひと山越える:

« 父 | トップページ | ふた山越える »