« 雨の週末 | トップページ | 救世主 »

2011年6月 4日 (土)

ごめんなさい。

若大将が悪いことをした。


学校の先生から電話がかかってきた。


電話の内容はさておき、先生の話を聞きながら「先生も大変だなぁ」と思ってしまった。


先生は一つ一つ言葉を選びながら話していた。


モンスターピアレントなる言葉ができてからは先生も親御さんにビクビクしている感じが


電話から感じ取れた。


今回の事は全面的に若大将が悪いことを伝え、ご迷惑をかけたことを謝った。




さて、問題の若大将ですが問題が起こる最初は正しいことをしていたようで、


そのせいか、あまり悪いことをしたと思っていない様子。


“悪いことをした”と思っているのであれば「ごめんなさい」と言葉が出てくるはずだが


言う気配を感じない。


話を聞くと「いけないことっていうか、そうなっちゃった…」と。


悪いことをしたと自覚があるなら、じゃぁ次はどうすれば良いか…と建設的な話も


することができるのだが、そう思っていないのであれば自覚するまで猛省するしかない。


…というわけで、今も玄関前で立たされています┐(´д`)┌ ヤレヤレ


2日連続で立っているのに、なぜ怒られているかが分からない様子。






しかし、それを見兼ねた人がいました…。


つづく (´∀`*)ウフフ

|

« 雨の週末 | トップページ | 救世主 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99711/51850306

この記事へのトラックバック一覧です: ごめんなさい。:

« 雨の週末 | トップページ | 救世主 »