« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月14日 (日)

期待と結果

世界陸上が開催されています。
日本人選手にはメダルをとってもらいたいです。

日本人選手には期待がかなりかかっています。
…こういっては何なんですが、メダルを確実に獲れる種目って何種目ありますか???
無駄に期待をして選手をプレッシャーで押しつぶしてはいませんか?
日本のメディアの悪いところですね。

その中で為末選手は見事に銅メダルを獲得しました!!!
ある意味すごい事ですよ。日本人選手がトラック競技でメダルを獲るなんて。
体格のハンデを感じさせず勝ち取ったメダルはものすごい価値のあるものだと思います。

その一方、期待とともにプレッシャーに押しつぶされた選手たちもチラホラ…。
200Mの末続選手、棒高跳びのAIR大地(笑)、マラソンの高岡選手。
期待を掛けすぎだと思いませんか?
もう少しのびのびやらせても良かったのでは?と思いました。

追伸
祝!男子マラソン、尾方選手銅メダル獲得!!!
トラックを見るだけでストレスを感じ、全身脱毛症になっていたそうな。
そんな状況から見事!だと思いました。アッパレですよね?>親分。

TBSさん。「この後、すぐ!!!」と何回言えば気が済むのでしょう。
もういい加減、だまされませんよ(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

なでしこ

東アジア選手権~女子~
日本0
0韓国

サッカー女子日本代表は東アジア選手権を勝ち点2の3位で終了した。
日本の女子サッカーが注目され始めてからまだ少しの時間しか経っていないが彼女たちは確実に成長していると思う。強豪国ぞろいに失点【1】は賞賛に値する。
成長しているからこそ見えてくる課題…。
今回の大会では得点が【0】だった。
先日の記事にもあるがサッカーは点数を獲らないと勝つ事が出来ないスポーツである。
今回のなでしこは決定力不足に悩まされた。
北朝鮮戦、中国戦、そしてこの韓国戦でも…。あと、一歩のところで勝ちを逃している。
…たら、…ればはスポーツにはご法度だが本当に全試合、惜しい試合ばかりだった。
逆に決定力を付ける(課題を克服する)ことができたらなでしこは大成すると思う。

最後まで前を向くことを忘れなかったなでしこジャパン
サッカー男子日本代表にはどのように届いただろうか?
FW田中が腰痛で韓国戦は出場が微妙とのニュースがある。最後まで勝つんだという気持ちを前面に押し出していた田中の気持ちをどれだけの選手が最後の日韓戦にパフォーマンスできるか楽しみである。

追伸
やっぱり解説の女の人はウザかった…。セルジオさんやっぱりあなたが日本一わかりやすい解説者ですw

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年8月 3日 (水)

バカじゃないの?!

東アジア選手権~男子~
日本 22 中国

【豆知識:サッカーは点を獲らないと勝つことができないスポーツです。】

バカじゃないの?!
試合終了とともに夫婦で声を合わせて言いました。
前半に2点先取されて後半へ。
後半、セットプレイから追いついてさぁ同点・逆転だ!!というときに
選手の足がピタッと止まりました…。
FWを2枚投入も逆転するような展開は無く、前への意識も見られず…。
先発出場のFW田中がミドルシュートで同点!!!


……
………
ってオイ!!!!!
同点で満足しているの???
またもや前への意識が無く横へボールを回しはじめるDF陣。
結局、同点で試合終了~。

サッカーは点を獲らないと勝つことができないスポーツです。
点を獲る意識が無くなった時点でサッカーではなくなってしまいます。
観ているほうとしてはとてもつまらないと思います。
平日の最中、わざわざ応援に行っているサポーターに申し訳ないと思わないのですか?
もし私が行っていたら大ブーイングです。
選手たちはもう一度考えたほうが良いと思います。
W杯だけがすべてではないのです。目の前の試合も大事なのではないでしょうか。

もう一度言います。サッカーは点を獲らないと勝つことができないスポーツなのですから。

追記:セルジオさんにはなでしこの方も解説よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »